しめ飾りワークショップ開催

最終更新: 2018年2月1日




2017年も残すところあと僅か。 そろそろ年越しの準備で忙しくなる時期ですね。

さて、今年の年末はDongree店内で、

お正月を彩る『しめ飾り』を作るワークショップを開催いたします。

しめ飾りづくりを指導してくださるのは、福富久(ふくふく)さん。 各地で様々な形のしめ飾りワークショップを開催していらっしゃり、Dongreeでは『めがね』と呼ばれる岡山県の伝統的な形のしめ縄づくりをご指導いただきます。

大晦日前、一年の「締めくくり」にオリジナルのしめ飾りを作ってみませんか?


「しめ飾りワークショップ inDongree」

日程:2017年12月26日(火)

   午前の部 10時~13時/午後の部 15時~18時

定員:<各回満席御礼>キャンセル待ちのみ受付中

場所:Dongree コーヒースタンドと暮らしの道具店

参加費:4000円 + ドリンクメニュー1オーダー (コーヒー・紅茶・ジュース類)

持ち物:はさみ、持ち帰り袋、汚れてもいい服装

お申込:お問い合わせフォームもしくはFBページへのメッセージにてお願いします。



【キャンセルについての注意事項】

  1. キャンセルの方は3日前までに必ずご連絡ください。

  2. 開催3日前を過ぎてからのキャンセルは、キャンセル料として参加費用のお支払いをお願いする場合がございます。(材料の準備や、参加枠確保の負担分)

◎講師:福富久(ふくふく) by HYGGEnatura の注連飾り(しめかざり)  京都・福知山産 古代米/岡山産 あけぼの米 使用

2015年、京都〜岡山でスタートした日本の伝統文化継承を目的とした家族の小さなプロジェクトです。岡山の水田にて機械を使わず田植え〜収穫までを行っています。 6月に田植え、8月末に青田刈りし丁寧に数日かけてしっかりと乾燥、最後の収穫は稲穂が実る10月末まで続きます。

お飾りだけのために作った稲藁は緑色や紫色の発色が美しく、その色が褪せないように年末まできちんと保管します。

この活動をきっかけに、農と生活がより身近なものとなり、私たちひとりひとりが日本の手仕事を後世に伝えていく架け橋となれるよう願っています。    

http://hyggenatura.com/





©2020 Dongree

  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon
  • White Twitter Icon