【Dongree店主から、臨時休業のお知らせと、みなさんへのお願い】

最終更新: 4月1日

いつもDongreeをご利用いただきありがとうございます。 この度、大変急ではございますが、コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止につとめるべく 4月1(水)〜14日(火)※状況に応じて適時判断 の期間、店舗休業をさせていただくことにしました。 突然のお知らせとなり申し訳ございません。 日頃通ってくださってる方、わざわざ遠方から訪ねて来てくださる方、みなさんにもご迷惑おかけすることにもなり、大変心苦しく、本当に苦渋の決断です。 正直この「お店を休む」という決断は正しいのか間違ってるのかの判断が難しく、多くの個人事業主さんと同じく抱えてる『休む=収入が無くなる』という悩みも大きくあり、『非常事態宣言が出るまでは営業しとこうかな』などと、先送りにしていたところもあります。 以前よりの"外出自粛"による減収ものしかかっていました。 しかし、コロナウイルスによって世界中で起きている悲惨な状況が少しずつ見えてきたり、京都でも集団感染が発生し始めてる報道がなされたことで、今はとにかく『感染しない、させない』に徹して、医療機関や行政への負担を軽減し、耐える時だと判断しました。 それがお客さんやお店に立つ僕たち、そして家族や友人を守るために最速でやらねばならないことだと気付きました。 当然ながら、お店をする人たちにはそれぞれ生活があり、一様に「安全のために店を閉めよう」などとは言えないことは重々わかっています。 だから政府も手をこまねいている感もあるのかなと。 なので、以下は僕の個人的な考えと、「どうやったら経済的な負担をクリアしながら今を乗り越えれるだろうか」と同じ悩みを持つ人の参考になればと思って国の融資政策をシェアします。 この融資については、それが事業の助けになるかどうかケースバイケースで、それぞれのご判断で決めるのが良いと思いますが、ご存知ない個人事業主の方のためにリンクを貼っておきます。 https://www.jfc.go.jp/ それほどに、かかったとき、うつしたときのリスクがあまりにも高いと感じました。 世界の人たちが、その身を持って何とか伝えようとしてくれていた数々のメッセージを、遅ればせながら受け取りました。 そうして数週間後にこの心配や対応が杞憂に終わるのであれば、それでいいや、と。 状況が落ち着きましたら、その時の判断で、その時に出来る形で再開できればと存じます。 なお、外出がままならない状況でも、お家で美味しい珈琲を楽しんでいただけるよう、BASEやホームページでの珈琲豆の通信販売および全国への発送業務は引き続き行って参ります。

https://www.dongree.work/ いま出来る取り組みを精一杯やりながら、最善の道を探りたいと思います。 日頃ドングリーを憩いの場として愛してくださってる皆さんには大変申し訳なく思っていますが、何卒ご理解を賜るとともに、どうか皆さま自身やご家族、ご友人、身の回りの人達にとっての安全を第一に過ごしていただけると幸いです。 そして明日4月1日は、『Dongreeコーヒースタンドと暮らしの道具店』がオープンして丸4年目となります。 本当はオープンして、みなさんをお迎えしたかった。 1日も早くこのコロナ禍が収束し、みなさまをお迎え出来る日々が戻ることを心より願っております。 Dongree 店主 拝

©2020 Dongree

  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon
  • White Twitter Icon