IMG_2932.jpg

DONGREE のコーヒー

スクリーンショット 2021-04-10 17.46.28.png

DONGREE COFFEE ROASTERSでは、5種類のシングルオリジンとそれぞれのブレンドコーヒーを提供しています。
『五焙』とは、その"5種類のコーヒー豆を焙煎し提供"するという独自のスタイルです。

フルーティな”浅煎り”の味から、しっかりとしたコクと苦味の”深煎り”までを煎り分ける。


味わいを”家風”、焙煎スタイルを”家訓”として定め、歴史の積み重ねのように焙煎し続けることを大切にしながら。


当店のコーヒー体験をきっかけに、多種多様なコーヒーの魅力を知ってもらえると幸いです。

 

Dongree代表ドリー

スクリーンショット 2021-04-10 17.47.56.png
DongreeRoasters-25.jpg

オンラインショップでのコーヒー豆販売中

五焙およびオリジナルブレンドコーヒー豆は、オンラインでも販売しています。

​全て受注ごとに新鮮な焙煎タイミングでのご提供となります。

ぜひご利用ください。

五焙レジェンド

かつて京都での前店、『Dongreeコーヒースタンドと暮らしの道具店』では、京都5店舗の焙煎屋によるコーヒー豆を『KYOTO FIVE ROASTERS COOFFEE 〜五焙(ごばい)〜』と名付け、日々彼らのコーヒーを淹れ、お客様に提供し続けてきました。
これが"五焙"の原点です。

自家焙煎となった今もなお、DONGREEは彼らのコーヒーを思い、目指し、日々焙煎に取り組んでいます。

​そんなレジェンドロースターの5店をご紹介。

WEEKENDERS COFFEE

​新旧交わる京都のディープなコーヒーシーンにおいて、世界を見据えたコーヒー作りで、最新のコーヒーを発信しているロースター。京都でも随一のフレッシュでクリーンな味わいを表現する浅煎りの名手。

大山崎 COFFEE ROASTERS

「住みたい場所で自分達が好きなコーヒーを仕事にする」、という『暮らし方』からのアプローチでコーヒー業を始められたロースター。常に小ロットで丁寧に焼かれるコーヒーは、オーナー夫妻の人柄や住処とする大山崎町のイメージにぴったりなクリアで優しい味わい。

クアドリフォリオ

東京の老舗自家焙煎コーヒー店『カフェ・バッハ』のDNAをしっかりと受け継ぎ、自身が求める『キレのある味』に一切妥協のない熟練の焙煎職人。いつでも美味しく安定感の素晴らしいコーヒー豆を提供している名店。

珈琲工房てらまち

京都三条会商店街にある、自家焙煎の純喫茶店。ジョーク交じりに語られるマスターのコーヒートークは、逐一明快で聞いていて気持ちが良い。古くからの商店街にあって、『ナチュラル精製(※収穫後、果肉をつけたまま発酵させる)』のコーヒー豆を多く取り入れるなど、チャレンジ精神旺盛な豆の仕入れ、焙煎を続けられる、コーヒーエンターティナー。

サーカスコーヒー

某コーヒー専門店で店長まで務め、生産地であるコーヒー農園を見て回るなどをしてきた、経験値豊かなロースター。出身地である京都市北区で、地元のお客さんのための日常のコーヒー作りを第一に考え、老若男女に愛されるスペシャルティコーヒーを焼き続ける。

Please reload

2017年某日。Dongreeコーヒースタンドのパートナーである京都5人の焙煎職人を訪ね、普段のお仕事のこと、そして目指すコーヒーショップのビジョンを、独占取材しました。

焙煎環境や考え、生活スタイルの違う彼らの、コーヒーに対する情熱と「伝えたい」というオープンな人柄には共通するものが見られました。

各ロースターさんの普段なかなか聞けないお仕事の話や、垣間見える"コーヒーの本音"など盛りだくさんの取材内容を、フリーライターの江角悠子さんの協力の元、『レポート』という形でWEBページにてご紹介しています。